フィッシング詐欺

出会い系サイトの利用の際、定額制やポイント制を利用する場合当然料金の支払いが発生する。銀行振込やビットキャッシュなら問題はないがカードは便利なのでクレジットで支払う人も多いはずだ。パソコンのセキュリティをきっちり対策していない人がネット上でクレジットを使うというのは大変恐ろしい事である。

パソコン購入時についているセキュリティソフトの無料お試しソフトを期限を切れてもそのまま使ってるケースも多い。ノートンなどは危険なサイトを警告してくれ迷惑メールと判断したものも弾いてくれるが何もしていないパソコンであれば当然何もしてもらえない。そしてメールに添付されたURLを安易にクリック。トラブルに遭うというパターンだ。クレジットカードの番号を盗まれるというのは迷惑メールなど比にならないくらい笑えない話である。

クレジットカードの番号が盗まれるという話を耳にしたことがあると思うがこれがフィッシング詐欺というものである。第三者が会員制サイトや企業を装い本物を装ったニセのウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールを送りつけクレジットカードの会員番号などの個人情報や銀行預金口座等の各種サービスのIDやパスワードを獲得するというものである。フィッシング詐欺は振り込め詐欺や架空請求と同じように日々巧妙化して迫ってくる。ファーミングという類似的なものもあるがいずれにせよノーマルのマシーンではやられ放題になるのは目に見えている。そのため当サイトではセキュリティに関して強く対策するように推薦している。

一部のWebブラウザにはフィッシング詐欺対策機能が実装されるようになってきている。Internet Explorer 7.0以降・Mozilla Firefox 2.0以降この辺りのブラウザを使っている人が多いと思うがバージョンが低いままだけどソフトはすぐ買えないという人がいればとりあえずバージョンアップをおすすめする。あとOpera 9.10以降・Safari 3.2以降にもフィッシング詐欺対策機能実装されている。

バージョンアップしたから安全というわけではない。これはあくまで野放しでパソコンを使っている場合のフィッシング詐欺の応急処置にすぎない。ウイルススパイウェアはこれとはまた違う。早い話一本で対策できるソフトをひとつ導入すればいいだけの話だ。

お試しソフトを使っている人は期限が切れていないか、セキュリティソフトはスパイウェアにも対応しているのか今一度確認していただきたい。そしてこれからという人はできるだけ早くソフトの導入を行ってほしい。パソコンのセキュリティがまだ甘い状態ならクレジットでの支払いはやめておくべきである。